観光のご案内
近隣の観光名所の紹介です。
当地域でしか見ることの出来ない景色・スポット!新たな香住を発見してください。

かすみ矢田川温泉
かすみ矢田川温泉
香住の田園風景の中にたつ温泉。ジェット付大浴場・露天風呂・うたせ湯・サウナ風呂等があり、ロビーはゆったりとしていて開放感いっぱいの温泉施設です。2階にはリラクゼーションルームがあり、仮眠もできる。

営業時間/9:00~21:00(受付20:30まで)
定休日/毎週水曜日、1月1日
入浴料/当館フロントにて割引券をゲット!
大人600円→480円  子供(小学生まで)300円→240円
住所/兵庫県美方郡香美町香住区三谷754
電話/0796-37-1126

大乗寺
大乗寺
天平17年(745年)行基によって開かれた。江戸中期の画家円山応挙やその一門の画家たちの襖絵等がたくさんあり「応挙寺」の名で親しまれている。円山応挙がまだ無名の頃、この寺の住職密英上人がその才能を見い出し、銀三貫目を与えた。それをもとに江戸で学び名をなした応挙は、後に息子や弟子を連れてこの寺に戻り仏殿他13余りの部屋の襖絵を描いた。

拝観時間/9:00~16:00(受付15:40まで)
休日/不定休
拝観料/大人500円
住所/兵庫県美方郡香美町香住区森
電話/0796-36-0602

帝釈天
帝釈天
大宝二年(702年)法相宗の開祖である道照上人が、帝釈寺の本尊帝釈天の脇仏として杉の一本造りで刻まれた珍しい立像(国指定の有形文化財)が安置されている。また寺近くには、但馬の巨木百選に選ばれた、こんもり丸いタモの木が、心和ませてくれる。

洗心甘露水
洗心甘露水
香住・下浜の名水、西迎寺の『洗心甘露水』。
西迎寺は、高木城主の菩提寺として永禄元年(1558年)建立されました。
境内には江戸末期から井戸水が絶えることなく湧き出しています。 この水は、海に近いにもかかわらず塩分を全く含まない清らかな水です。 人間の心を洗ってくれる霊薬、という意味の「洗心甘露水」の碑が境内に残されています。また、三宝では毎日汲みに行き、お風呂上がりに飲んでいただけるよう設置してあります。
三宝より西迎寺まで歩いて約5分

海の文化館
海の文化館
見慣れた魚から見たこともないカニまで約450種、1400点の魚類、甲殻類の剥製等を展示。図鑑でしか見ることができなかった美しい魚・珍しい魚、水族館では飼育の難しい魚等が見れる。特に深海魚リュウグウノツカイの剥製はここだけ。海と人間の関わりをテーマにした海洋資料展示室。焼きちくわ・イカの一夜干し等水産加工体験(要予約)もできる。

開館時間/9:00~17:00(受付16:30まで)
休館日/毎週水曜日(祝祭日の場合は翌日)、12月29日~1月3日まで
入館料/大人300円、高校生200円、小中学生100円(第2・4土曜は無料)
住所/兵庫県美方郡香美町香住区境1113番地
電話/0796-36-4671 FAX/0796-36-4672

かえる島
かえる島
今子浦海水浴場にあるかえるの型をした島。「…にかえる」「…をかえる」「…がかえる」など「かえる」願い事が叶うといわれている。JR香住駅、宿泊施設、土産物店などで、絵馬を販売している。(1枚500円)。願い事を書いた絵馬は今子浦にある「祈願の柱」にかける。「毎年7月(海の日)はイベントがあります。」

山陰海岸めぐり
山陰海岸めぐり
山陰海岸めぐり
山陰海岸の自然にふれるならやはり遊覧船での海岸めぐり。山陰海岸の中でも奇勝が点在する香住海岸は、地質学的にも重要な自然博物館といわれ世界ジオパークに認定されました。天然記念物「釣り鐘洞門」「鎧の袖」を始め次々にあらわれる波蝕海岸、洞門、洞窟などには圧倒される。また四季折々の日本海の表情も肌で感じることができる。探勝するには船を利用しないと不可能。三姉妹船長で知られる遊覧船「かすみ丸」も現在三姉妹船長Jr.が活躍中。天候による欠航、定員制限があるので予約をいれるほうがよい。

営業/通年
出航予定時刻/9:00~16:00(1時間毎)
①黒島・白石島 今子浦30分
②鎧の袖・松ヶ鼻沖60分
③余部沖・釣鐘洞門90分
料金/
①コース【大人】1,200円 【子供】600円
②コース【大人】2,000円 【子供】1,000円
③コース【大人】2,500円 【子供】1,250円
住所/兵庫県美方郡香美町香住区一日市
電話/0796-36-0571 FAX/0796-36-3169

足跡化石

足跡化石
1800万年前の珍しいサイ、シカ等の足跡化石が残る平島。芸術品のような岩に直に触れられる、楽しいスポット。

蓮根化石

蓮根化石
三田浜に向けて歩くと、50メートルに及ぶ露出した岩層が見える。2000万年前、湖の底であったこの地にできた波の跡の化石。

余部橋梁
余部橋梁
山陰本線鎧(よろい)駅と余部駅の間にあるトレッスル式鉄橋。明治45年に総工費33万1千円をかけて完成。長さ309.42m、高さ41.45m 当時は東洋一とされた。鎧駅方面から列車で行くとトンネルを出てすぐ鉄橋をわたるので空中にほうりだされたように感じる。現在は安全性確保の為、コンクリート化されました。

御崎灯台
御崎灯台
余部駅から1時間位歩くと平家落人の里の一つ御崎地区に到着します。ここには日本一高い場所にあるという御崎灯台(海抜274m)があり、日本海を見るにも絶好のポイントです。

三川山
三川山
役(えん)の行者が開いたといわれる日本三大権現(大和の大峯山、伯耆の三徳山)の一つ。5月3日には全国各地から山伏や行者が集まり、大祭がおこなわれる。「知恵の火で煩悩を焼く」という大護摩供養が行われる。 社裏の三川山はシャクナゲの群生地としてしられ、大祭のころはハイカーでにぎわう。

岡見公園
岡見公園
岡見公園は山陰海岸国立公園内にあり、眺望もすばらしく、香住海岸は国の「名勝」に指定されています。
春は桜、初夏はユウスゲが見られ四季折々の違った表情も見れます。海に沈む夕日も美しい。

海水浴場
海水浴場
香住浜海水浴場(香住駅から徒歩5分)、三田浜海水浴場(三宝から車で5分・徒歩15分)、余部海水浴場(余部駅から徒歩5分)、今子浦海水浴場(香住駅から車で10分)、柴山海水浴場(柴山駅から徒歩5分)、佐津海水浴場(佐津駅から徒歩8分)、安木浜海水浴場(佐津駅から車で6分)が点在します。
左記の写真は「三田浜海水浴場」

株式会社トキワ
株式会社トキワ

三宝から車で10分
べんりで酢でおなじみの香美町香住区「トキワ」では、合わせ酢や飲むお酢、梅ごこち・城崎ビネガーなどを製造、直売所で販売しています。 かにすきのだし、おかあさんの味えーだし、梨ワインの「梨の酒」など贈り物、贈答用にもご利用下さい。
→公式ホームページはこちら


香住鶴
香住鶴

三宝から車で15分
香住鶴は、兵庫県の旧香住町にて古来より伝わる日本酒の製造法「生酛(生もと)造り」にこだわり、独特の風味を造り上げています。蔵人が一体となって丹念に仕上げる香住鶴の真心と伝統の味をどうぞご賞味ください。無料試飲コーナーがあり、普通酒から季節限定酒の試飲を楽しんで頂けます。
→公式ホームページはこちら


但馬大仏(長楽寺)
但馬大仏(長楽寺)

三宝から車で45分
当山は、約1200年前天平年間に八鹿山薬師寺として行基が開創した霊場で、弘法大師も訪れたというゆかりの古刹です。天文11年(1543年)、天災により再建。名を川会山長楽寺と改め経ること数百年、平成6年4月、世界最大級の木造三大佛が落慶開眼されました。115本の柱(直径1.2メートル)の舞台に支えられて、川会山山頂にそびえ立つ長楽寺は、四方の美しい山々に囲まれ、眼下に矢田川を見下ろす素晴らしい自然の眺望に恵まれた大伽藍です。
→公式ホームページはこちら


但馬高原植物園
但馬高原植物園

三宝から車で60分
氷ノ山後山那岐山国定公園に指定され、兵庫県観光百選の第1位にも選ばれている素晴しい高原に設立された但馬高原植物園です。緑に囲まれたレストランでお食事、小鳥のさえずりを聞きながらの園内散策ができます。園内では樹木、草花の自生植物約1,000種類と、それに類する300種類ほどの植物を見ることができます。
→公式ホームページはこちら


木の殿堂
木の殿堂

三宝から車で60分
木の殿堂は、香美町・瀞川平(とろかわだいら)の緑豊かな地に、日本の自然と文化の象徴ともいえる「森と海と太陽」をテーマとして建設された、日本文化の原点である森や木のすばらしさをさまざまな視点でとらえ紹介する自然学習施設です。 自然とふれあう数々の体験プログラムなども実施しています。 第45回全国植樹祭にて天皇皇后両陛下がお手植えされた木が見守っています。
→公式ホームページはこちら


猿尾滝
猿尾滝

三宝から車で50分
猿尾滝(香美町村岡区日影)は上下2段に分かれた滝で、下段の滝が猿の尻尾に似ていることからこの名前が付いたと言われています。上段落差39m、下段落差21m、総落差60mの大瀑布が岩肌と自然林に映え、春は新緑、夏は納涼の滝姿、秋は燃えるような紅葉と白い瀑布のコントラスト、冬は氷壁の滝と四季折々の表情がみられます。「日本の滝百選」にも選ばれている滝で、特に上段の滝は迫力満点です。


但馬牧場公園
但馬牧場公園

三宝から車で50分
但馬牧場公園では、但馬牛の放牧風景や珍しい種類の小動物と直接ふれあえ、園内の「但馬牛博物館」では但馬牛の歴史や内容が分かりやすく案内しています。愛宕山山頂にある花園では、ラベンダーやコスモスなど季節毎にいろいろな花(植物)が見られます。芝生広場では、天気の良い日はお弁当を広げのんびりくつろいだり、ボールやバドミントン、グランドゴルフ用具の無料貸し出しを行っています。食事や宿泊の設備も整っています。
→公式ホームページはこちら


上山高原
上山高原

三宝から車で70分
上山高原は、兵庫県の北部、鳥取県境の扇ノ山の山麓に広がっています。一帯にはススキ草原が広がり、ブナなどの落葉広葉樹の森が取り囲み、それらが一帯となってイヌワシやツキノワグマなどに代表される、貴重で豊かな生態系を育んできました。
→公式ホームページはこちら


城崎マリンワールド
城崎マリンワールド

三宝から車で50分
兵庫県豊岡市にある多くのアトラクションを備える水族館です。魚や海獣の展示、ダイビング疑似体験アトラクション、イルカやアシカのショーが行われる他、イルカとの触れ合いなどの体験活動などが行われています。また、水族館でありながら園内にはアジの釣り堀があり、釣ったアジをその場で天ぷらにして食べることの出来るユニークな催しも行われています。
→公式ホームページはこちら


玄武洞
玄武洞

三宝から車で40分
玄武洞は160万年前に起こった火山活動によって、山頂から流れ出したマグマが冷えて固まる時に規則正しいきれいな割れ目を作り出した物です。6000年前、波に洗われて姿を現し、人が石を取ったために洞となったもので、数知れない六角形の玄武岩が積み上げられて不思議な美しさを見せています。
→公式ホームページはこちら


小京都「出石」
小京都「出石」

三宝から車で60分
盤の目に整備された町が残り、「但馬の小京都」として名高い城下町です。高台にある出石城跡に登ると、その美しい町並みが眼下に広がります。出石そばが町の名物で、小皿に盛られたそばを卵と山芋と薬味を混ぜて、出石独特の食べ方で召し上がっていただけます。
→公式ホームページはこちら


竹田城
竹田城

三宝から車で100分
竹田城跡は、山城遺跡として全国でもまれな完存する遺構であり、虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも呼ばれています。秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、但馬地方の風物詩となっています。この雲海に包まれた姿や竹田城から見下ろす風景は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、いつの間にか「天空の城」・「日本のマチュピチュ」とも呼ばれるようになりました。この幻想的な風景を一目見ようとたくさんの人々が訪れます。また、平成24年に竹田城跡が「恋人の聖地」として認定を受けました。恋人の聖地にあやかろうと、若いカップルたちも多く訪れています。


生野銀山
生野銀山

三宝から車で110分
生野銀山は、大同2(807)年に開坑したと伝えられています。織田、豊臣、徳川の幕府直轄鉱山として栄え、明治元(1868)年には政府直轄となり、その後は皇室財産にもなった大鉱山です。昭和48(1973)年に閉山しましたが、実際に掘られていた坑内に入り、当時のままの岩肌や、電機仕掛けの人形により再現された作業風景を見ることができます。
→公式ホームページはこちら


鳥取砂丘
鳥取砂丘

三宝から車で80分
鳥取に来たら一度は立ち寄りたい鳥取砂丘。山陰海岸ジオパークの鳥取砂丘エリアに位置し、南北2.4km、東西16kmに広がる日本最大級の砂丘です。まずは砂丘を歩いて魅力を堪能してみてください。日本海の風と砂丘の砂が作り出す風紋は美しく見る人の心を魅了します。砂丘の特徴的な地形にすり鉢に形が似ていることからスリバチと呼ばれる大きく窪んだ場所があり特に大きな場所は40mもの高さがあります。
→公式ホームページはこちら